こんにちは! ゲスト さん    会員登録(無料)はこちら
article details

台湾映画『若葉のころ(5月一号)』5月28日公開

05/17/2016

ビージーズの名曲『若葉のころ』をモチーフに30年の時を超えた純愛を綴る台湾映画。交通事故で意識不明になった母の代わりに、母の初恋相手へ「会いたい」というメール送った娘のバイ。やがて母が17歳だった1982年の恋の記憶が呼び覚まされ……。出演は『GTO TAIWAN』のルゥルゥ・チェン、「奪命金」のリッチー・レン、『二人の王女』のアリッサ・チア。アジアMV界で注目を集めるジョウ・グーダイの長編初監督作。

映画 若葉のころ あらすじ


記憶の中の君は、17歳のまま... 今も"若葉のころ"を思い出す

台北に住む17歳の女子高生バイ(ルゥルゥ)は、離婚した母と祖母との3人暮らし。学園生活を明るく満喫していたが、最近、親友ウエンと男友達イエとの関係に心を痛めていた。そんなある日、母のワン(アリッサ)が交通事故で意識不明の重体となってしまう。悲しみに暮れる中、バイは母のパソコンから、偶然、初恋の相手リン(リッチー)に宛てた未送信メールを発見。そこには、自分と同じ17歳だったころの思い出が切々と綴られていた。遠い日の母の青春に思いを馳せるバイは、母に代わって「会いたい」とリンにメールを送る...。遡ること30年前の1982年、ワン(ルゥルゥの二役)とリンは、高校の英語スピーチコンテストで優勝を争ったことから、お互いを意識し合う存在となる。惜しくも2位に甘んじたリンは、ある日、英語担当の教師から、ビージーズの「若葉のころ」の歌詞を中国語に翻訳するようにと課題を出される。リンはこれをチャンスとばかり、ワンへの思いを言葉に託し、「若葉のころ」のレコードと一緒に、訳した歌詞を彼女に渡す。だが数日後、リンが"ある事件"を引き起こし、二人は離れ離れになってしまう・・・
 

ユーザーレビュー
(合計0件レビュー)
  • 現在レビューはありません
合計 0 件レビュー
Eメールアドレス:
レビュー等級:            
レビュー内容:
文章分類
お薦め記事
商品の履歴